割烹DISCO大蔵

高円寺和食DJ居酒屋 割烹DISCO大蔵

*

【手記】JAPUB円蔵、設立に寄せて。

   

3週間に渡って開催させていただきました私たちの3店舗目設立クラウドファンディングプロジェクトも、とうとう本日18時が支払い期限となりました。
(クレジットカード払いのみ日曜日まで可能です)

もう今更もがいてもしかたがないので(笑)

“JAPUB 円蔵”という3店舗目のお店を作るに当たって少しだけ思いを綴らせていただきます。

 

 

 

 

先日、学生時代の親しい友人がメジャー1st ALBUMとなる作品をリリースしました。


汽葉ケイスケというアーティストで『16番地のファンタジア』という作品なのですが、ショートフィルムのようなこのミュージックアルバムにおける、プロデューサーである青柳拓次さん(LITTLE CREATURES)との対談記事を読みました。

彼は静岡県の出身で、プロデューサー青柳さんは沖縄在住。
この対談の出だしで印象的なのは「東京が住みづらい」というセクションです。


昔から汽葉ケイスケを知る僕としては、まぁそうだろうなと腑に落ちる。
確かに、その音楽を聴いていたら『100%アナログ音楽』なので、非常に彼らしい。
寧ろ、現代日本社会に受け入れられるのか心配なくらいの原始具合なんです(笑)


青柳さんもどうやら同じタイム感を持つ方らしく、結果沖縄に移住したそうで。
おそらく今作の参加ミュージシャンさん達も同じようなナチュラルな人柄なんだろうなぁと推察できました。


前置き長くなりましたが、何が言いたいかというと、キーワードは『東京 (Tokyo)』です。


汽葉ケイスケの”Silence Talks”という楽曲の中に「沈黙で語る 多弁な東京で」という節があります。
彼に映るTokyoは、そうなんでしょう。


私たちが作る3店舗はすべて高円寺、つまり東京に在ります。なぜ東京なのかーーー。


汽葉ケイスケと青柳拓次さんの対談において東京は、スピード感が違う、日本の中で東京だけ特殊な雰囲気がある、そう表現されていました。


それは本当にそうだと思います。

彼は、東京は住みづらいけど、故郷に帰っても所在ない気持ちになると。つまり居場所だと思える街がない、そういうことなのかなと汲み取りました。

もしかしたら、みんな同じなのではないでしょうか??


みんなきっと優しさって持ってるし、願望だってあるはずなんだけど、毎日に忙殺されて、またどんどん重くなるその責任から自由度が奪われていってーーー

結果、毎日をただこなしている。

人は大人になるにつれて勝手に限界を作っていくのだそうです。

トトロに出逢った頃のサツキやメイに限界なんてあったでしょうか??

何かを抱え込んだ人々が渋谷のスクランブル交差点で交錯するとき、東京はドライだなぁと、そう感じてしまうのだと思います。

理由はわかりません。

成熟化した先進国の行き着く先なのでしょうか。
資本主義が生み出した産物なのでしょうか。
はたまた。


ただひとつ言えることは、この状況を憂いていても仕方がない、ということでしょう。


だからみんな前を向く。


がんばる。


でも何か虚しさを感じたり、身と心が離れている感覚に陥ったりする。


なんかモヤモヤする。


もしかしたら日本人の大半がこんな心情だったりしないでしょうか??


汽葉ケイスケの”16番地のファンタジア”は、人としての大切なものを改めて考えさせられるアルバムでした。


回りくどくてゴメンなさい、東京は高円寺に”JAPUB 円蔵”というお店を作るにあたって思うことはーーー。


私たちの企業理念でもあります、
3rd Placeの建立。

人と人が交わる酒場として。


超速スピードで駆け巡る”トーキョータイム”のエアーポケット的な、骨休めできるオアシスのような場所になれたらーーー。


心が潤えば、身体は元気になる。


人に優しく出来たら、何事もうまくいく。


皆様の拠り所となれるサードプレイスを作りたい。


11月25日オープン、スタンディング居酒屋”JAPUB 円蔵”をどうぞよろしくお願いいたします。


ーーー最後に。

汽葉ケイスケのようなアーティストが日本にいること、その作品をリアルタイムで感じれることをとても嬉しく思います。
魂を揺さぶる創作をしてくれる人へ、心の底から応援しますし、皆さんもそうであってほしいと強く願います。
なんでもない日々に感動を与えてくれて、ありがとう。


「支払い期限本日18時まで、円蔵設立クラウドファンディング」

(引用) 汽葉ケイスケ×青柳拓次 対談記事



kiba5 [引用] http://www.cinra.net/interview/201611-kibaaoyagi
CINRA.NETより



Written by 萩原 明



 

 

 

 


*************
和食DJ居酒屋
◆割烹DISCO 大蔵◆
営業時間 18:00-5:00 月曜日定休
03-5327-8490
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-21-20 明邦ビル2F

【大蔵はJR高円寺駅徒歩2分】
JR高円寺駅北口出てすぐ左手、マックの目の前の”中通り商店街”を入って最初の十字路ファミリーマートを右に曲がり、4軒目左手明邦ビル2F。
詳しい行き方はこちら↓↓↓
http://kappo-daizo.com/?p=262


https://www.instagram.com/kappodiscodaizo/
http://twitter.com/kappo_daizo
http://facebook.com/kappodisco

The following two tabs change content below.
萩原明

萩原明

主に割烹DISCO大蔵。 売り子、配膳、広報を担当。 ずっとバンドマンで、担当はベース。

 - JAPUB 円蔵, アーティスト・DJ紹介, 大蔵コラム, 萩原明著 , , ,

  関連記事

タイガードラゴン2
【成田空港速報】滑走路のド真ん中でありえないビッグゲスト多数のタイガー&ドラゴン

まず立地がありえない・・・・。。     ココですよ!!?? …

momozome1
【2016明けました】新春一発目の桃色DISCOに密着、華々しい初日に☆

いや~~~~ようやく明けました!!! 6日間の正月休みは、人の感覚を狂わせること …

秋冬コンセプト画像
【そのまた続き】Once in a blue moonな楽曲たちby 春樹, naief

ここ何日かでpush, pushしております割烹DISCO大蔵の今季秋冬シーズン …

IMG_0395
【コラム】甲本ヒロトと居酒屋と私。

久しぶりにコラムです。 先日当店のアキラが貸切パーティーの主催者みっちーさんから …

simom1
【2016年振り返りBlog】下村 拓也

しもむらくんに訊きました。 みんなの弟的存在、植物マスター、アフロ大明神。 数々 …

秋冬コンセプト画像
【続き】シーズンコンセプト”Once in a blue moon”について☆

『Once in a blue moon』 とは、めったに起こらないこと、という …

jun2
【さらに展示をやってみた】Once in a blue moonな視覚的要素とは・・・??

ここのところ再三取り上げさせていただいております、 割烹DISCO大蔵の2015 …

tigeranddragon_image
【成田空港のフェスに参戦!!】タイガー&ドラゴン2016にDJ EMMA!!

この夏のフェスのご予定はお決まりですか??   海の日またぎの3連休は …

gaku18
【小川創作ブログ】第3話 (2017.3.25)

輝いてますか? どうも、こんにちは! 空間制作担当Gakuです。 またもや、ザッ …

image1
【スタッフリターン 黒龍と行く日本酒試飲会ツアー】

どうも黒龍です。今回はクラウドファンディングの僕のリターンについてご案内致します …